• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

ウメサオタダオが語る、梅棹忠夫 アーカイブズの山を登る

ウメサオタダオが語る、梅棹忠夫

「ウメサオタダオ展」の実行委員長を務め、その往還を肌で感じた著者が、梅棹忠夫自身とも言えるアーカイブズが語る梅棹忠夫に接近

著者 小長谷 有紀
ジャンル 社会 > 文化人類学・民俗学
評論・自伝
シリーズ 哲学・思想 > 叢書・知を究める 11
出版年月日 2017年04月30日
ISBN 9784623080083
判型・ページ数 4-6・284ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

国立民族学博物館(みんぱく)にある梅棹アーカイブズ。梅棹忠夫が残した膨大な資料がそこにある。そのアーカイブズ資料に残された過去と現在は、過去からも現在からも往還をし続ける。本書は、「ウメサオタダオ展」の実行委員長を務め、その往還を肌で感じた著者が、梅棹忠夫自身とも言えるアーカイブズが語る梅棹忠夫に接近する。

 

[ここがポイント]
◎ 膨大な資料集積である梅棹アーカイブズから、生身の梅棹忠夫を浮かび上がらせる。
◎ 詳細な梅棹忠夫年譜を付録する。

序 章 梅棹のコーパス

第1章 資料としての梅棹
 1 近くて遠い今西錦司との仲
 2 水平思考の生まれる秘訣

第2章 知的生産のデザイン
 1 「知的生産」の原理
 2 ロングセラーの源泉
 3 ローマ字運動への傾倒

第3章 たゆまぬ知的前進
 1 カメラと写真
 2 「引紹批言」の記録
 3 文章表現に対する飽くなき努力

第4章 知的に遊ぶ梅棹
 1 ヒツジをめぐる物語
 2 ベンゼン核の好敵手──川喜田二郎
 3 幻の雑誌『地平線』
 4 進化し続けるアーカイブズ
 5 幻のベストセラー「人類の未来」

第5章 山をたのしむ
 1 生涯の兄貴分──吉良竜夫
 2 ヒマラヤへの執念
 3 山に始まり、山に終わる

第6章 未来を見つめ、「みんぱく」へ
 1 未来を語る人びと
 2 日本の成功体験「万博」から「みんぱく」へ

第7章 文明へのまなざし
 1 エスペラントの夢
 2 「文明の生態史観」の誕生
 3 梅棹忠夫の女問題
 4 「日本探検」

終 章 最期のデザイン

参考文献
あとがき
梅棹忠夫年譜
人名・事項索引

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第10回「究」セミナー開催のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620