• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

猛威をふるう「ウイルス・感染症」にどう立ち向かうのか

猛威をふるう「ウイルス・感染症」にどう立ち向かうのか

人の命を奪う新型インフルエンザの正体は何か。ウイルスの仕組みからその対処法まですべて解き明かします

著者 河岡 義裕 監修
今井 正樹 監修
ジャンル 教育
自然科学
シリーズ 社会 > MINERVA Excellent Series > サイエンスNOW! 1
出版年月日 2018年02月28日
ISBN 9784623080816
判型・ページ数 B5・144ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次
現代のパンデミック(世界的大流行)を起こすインフルエンザウイルスや局地的な感染爆発を起こすエボラウイルスやデングウイルス。謎の多いウイルス感染症に人類はどう立ち向かえばよいか。オールカラーでウイルスの特徴や感染のしくみをわかりやすく図解し、感染対策を医療と社会体制の両面から示した、ウイルス対策本の決定版。ロベルト・コッホ賞を受賞した世界的ウイルス学者の河岡義裕先生とインフルエンザ研究で活躍の今井正樹先生が監修。

[ここがポイント]
◎ インフルエンザなど身近なウイルス感染症のしくみをカラー図版でわかりやすく解説。
◎ 「知って納得 ミニ知識」などで予防法などを紹介。
序 章 パンデミックとはなにか
 ・世界史に見るパンデミック(ペスト、天然痘)
 ・20世紀のパンデミック(スペイン風邪、アジア風邪、香港風邪)

第1章 現代の感染爆発はウイルスが起こす
 ・パンデミックとウイルス
 ・インフルエンザウイルスの構造と特徴
 ・インフルエンザウイルスの感染のしかた
 ・インフルエンザウイルスの病原性
 ・2009年のインフルエンザの感染爆発
 ・もしパンデミックが起こるとしたら?

第2章 感染が怖い病原性ウイルスの素顔と特徴
 ・グラフで見る病原性ウイルスのパワー
 ・エボラウイルス
 ・デングウイルス
 ・ジカウイルス
 ・SARSウイルス
 ・MERSウイルス
 ・HIVウイルス
 ・麻疹と風疹
 ・日本脳炎ウイルス
 ・ポリオウイルス

第3章 体の中の戦い――免疫とワクチン
 ・免疫のしくみと病原体
 ・ウイルスと抗体
 ・免疫の暴走と感染症
 ・ワクチンのしくみ
 ・インフルエンザ流行予測とワクチン
 ・抗ウイルス薬のしくみ

第4章 社会環境の中の戦い――感染拡大をどう防ぐか
 ・ウイルス感染症への国際的取り組み
 ・バイオテロ対策はどうあるべきか
 ・日本国内の感染症対策
 ・ワクチン接種と備蓄体制
 ・感染に立ち向かう医療体制とは
 ・地域で行うべき感染対策

第5章 ひとりひとりが行う感染防衛策
 ・新型インフルエンザが発生したら
 ・インフルエンザの受診のしかた
 ・感染を断つにはどうするか
 ・家族が感染したらどうするか

終 章 人類とウイルスはどうつきあうべきか

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第11回「究」セミナー開催のお知らせ

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620