• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

演技する道化 サダキチ・ハートマン伝 東と西の精神誌

演技する道化 サダキチ・ハートマン伝

幕末出島で生まれ、躍動する才能で、 ジャポニズムの橋を渡した「ボヘミアンの王」の生涯を追う

著者 田野 勲
ジャンル 世界史
評論・自伝
シリーズ 世界史 > シリーズ・人と文化の探究 14
出版年月日 2018年01月30日
ISBN 9784623081059
判型・ページ数 A5・416ページ
定価 本体7,000円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次
幕末長崎出島で生まれたサダキチ・ハートマン。14歳でアメリカに移住後、渡欧を繰り返し、当時の芸術家と交流する。その後ニューヨークを拠点として日本文化を紹介、チャップリンらと知り合いハリウッド映画に出演する。その人生は放浪と女性、借金などのトラブルの繰り返しだった。しかし、それは、道化を演技した生涯だったのではないか。20世紀初頭「ボヘミアンの王」として名を馳せた、日独の血を引いた知られざる人物の生涯を追う。


[ここがポイント]
◎ 19世紀末~20世紀初頭の芸術家(ハイゼ、マラルメ、ヴェルレーヌ、ホイッスラーら)との交流を余すことなく描く。
◎ 日本美術史、俳句・短歌等の概説書を英語で発表しジャポニズムを欧米に紹介し、衝撃を与えた人物。
序 章 サダキチ・ハートマンとは何者なのか?
 1 波乱万丈の人生
 2 稀代のトラブル・メーカー
 3 現代芸術の先駆者

第1章 サダキチ・ハートマンの生い立ち
 1 ハートマン、出島で生まれる
 2 若き貿易商人
 3 死の商人として暗躍
 4 ハンブルグの幼年時代

第2章 サダキチ・ハートマンとウォルト・ホイットマン
 1 ホイットマンとの出会い
 2 ホイットマンとボストンの文人たち
 3 ホイットマンとの深まる交流
 4 ホイットマンをめぐる論争

第3章 若き芸術家の誕生
 1 美術評論家として出発
 2 戯曲家としてのハートマン
 3 シカゴ万国博のルポルタージュ

第4章 ハートマンのアメリカ美術論
 1 アメリカ美術の探求
 2 風景画家たち
 3 旧派の画家たち
 4 新派の画家たち
 5 アメリカの彫刻とグラフィック・アート
 6 ヨーロッパにおけるアメリカ美術
 7 最新のアメリカ美術

第5章 ハートマンの日本美術論
 1 いかにして『日本の美術』を書いたか
 2 初期の宗教画
 3 土佐絵から大和絵へ
 4 日本美術のルネサンス
 5 浮世絵というリアリズム運動
 6 日本美術の西洋文明への影響
 7 日本の建築と彫刻
 8 日本の装飾芸術
 9 現代日本美術

第6章 躍動する才能
 1 ハートマン—詩人
 2 ハートマン—小説家
 3 ハートマン—写真評論家
 4 ハートマンとスティーグリッツの確執

第7章 ハートマン、アメリカ人になる?
 1 アイデンティティーの問題
 2 ハートマン対ワスプ体制
 3 ハートマンと大逆事件
 4 ハートマンの平和論=反戦論

第8章 ホイッスラーを通じてのアイデンティティーの追求
 1 ホイッスラーとの出会い
 2 ホイッスラーとジャポニスム
 3 進化するホイッスラー
 4 ピーコック・ルーム(孔雀の間)について

第9章 ジャポニスムの実践によるアイデンティティーの確立
 1 ジャパノロジストとしてのハートマン
 2 歌人、俳人としてのハートマン
 3 ハートマンとモダニズム

第10章 ハリウッドのハートマン
 1 新天地を求めて
 2 映画の世界への憧れ
 3 『バグダッドの盗賊』に出演する
 4 映画は芸術なのか?

終 章 演技する道化の最期
 1 最晩年のハートマン
 2 『キリストの最後の30日』を読み解く
 3 未完に終わったライフワーク 
 4 バンディー・ドライヴ・ボーイズたちとの交流


サダキチ・ハートマンの著作
参考文献
あとがき
サダキチ・ハートマン略年譜
人名・事項・作品索引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第11回「究」セミナー開催のお知らせ

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620