• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

「無理しない」地域づくりの学校 新刊 「私」からはじまるコミュニティワーク

「無理しない」地域づくりの学校

まちづくりと福祉は接点を持てるのか? 福祉の「枠組み外し」実践編!

著者 岡山県社会福祉協議会 監修
竹端 寛 編著
尾野 寛明 編著
西村 洋己 編著
ジャンル 社会福祉
社会
出版年月日 2017年12月10日
ISBN 9784623081363
判型・ページ数 A5・244ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次
制度やカリスマリーダーに頼るのではなく、自分たちの地域を自分たちで変えていくためには、どうすればいいのか。地域福祉とまちづくりはどのような関係にあるのか。人口減少社会の到来を背景に、地域の活性化が地方・都市部を問わず、最優先事項になってきた。これまで地域を変えるために、無理をしてきた(させてきた)反省から生まれた、私が変わらないと地域は変わらない!を合言葉に、「私」からはじまる地域づくりの本。


[ここがポイント]
◎ 地域づくりに関して、フロントランナーの実践者、研究者、人育ての仕組みづくりのプロが、その極意を惜しみなく紹介。
◎ 各執筆者の講演会に行かないと聞けなかった上記の内容が学べる。
◎ システム、制度優先ではなく、かかわる人が自分事として地域に関係していく方法が学べる。
はじめに――この学校はどういう取り組みなのか


 第Ⅰ部 「無理しない」地域づくりの学校という挑戦

第1章 地域×私×福祉の可能性――無理しないで地域づくりは可能か
 1 社会が行き詰まっているなら、ときほぐそう
 2 なぜ、いま「福祉」と「まちづくり」のコラボ(が重要)なのか
 3 トライ&エラーの機会を奪う制度化
 4 素面でも本音を聞ける、本音が言える場
 5 人とのかかわりをまなぶ
 6 100人力のカリスマでなく、10人力の10人と仲良くなろう
 7 この本は一体、何の本なのか?

第2章 他人事から我が事へ――福祉の「枠組み」を疑う
 1 僕が出会った「地域福祉」
 2 丸ごと「地域福祉」という幻想
 3 福祉職員の苦悩
 4 私発、の可能性

第3章 地域福祉をときほぐす――目でみないで心でみよう
 1 地域福祉にこんがらがった僕
 2 「無理しない」地域づくりの学校ができるまで
 3 「学校」のはじまり、心でみえたもの

第4章 「幸雲南塾」からの全国展開――起業しなくても良い塾ができるまで
 1 「我が事」として地域の課題に取り組む
 2 「起業しなくても良い塾」のスタート
 3 経済効果2.2億円、6年間で構築された担い手の輪
 4 成功の要因は「緩いつながり」
 5 各地への展開

第5章 尾野流「人づくり・地域づくり」の極意
 1 企画立案から受講生募集まで――募集までが半分
 2 講座期間や募集人数の設定――なぜ半年なのか?
 3 マイプラン作成と講座の進行――いよいよスタート
 4 講座の中盤〜後半――ここが肝心
 5 最終発表会
 6 場の設定方法・雰囲気の作り方――なぜコンクリート禁止?
 7 受講生と接する方法――謎の温かい雰囲気の真髄
 8 「無理しない」地域づくりの学校で意識したこと
 〔コラム1〕 「無理しない」地域づくりの学校の一日


 第Ⅱ部 私が変われば地域が変わる――受講生と事務局の成長プロセス

第6章 公私混同のなかで広がっていく人の輪
 1 これまでの生い立ちといまの仕事に至るまで
 2 失敗を避けていた私がマイプランを通して前のめりに転べるように
 3 空き家活用から地域づくりへとひろがる
 4 回り道をしながらも職場での枠組みを外す視点を得る
 5 公私混同のつながりで自分が変わり世界がひろがる

第7章 本音が生み出す協力者
 1 挫折から毎日がおもろいへ
 2 受講のきっかけは特に根拠のない直感だった
 3 ソーシャルな協働チーム「そーしかい」
 4 ソーシャルワーカー森が「おもろい」を求めて

第8章 はじめの半歩を支える――ゆれる場づくり
 1 私たちのモヤモヤ
 2 ワタシを活かす研修との出会い
 3 「ワタシからはじまる地域づくり」を実施して
 4 京都の取り組みで見えてきたこととこれから
 〔コラム2〕 「無理しない」地域づくりの学校ってどんなとこ?


 第Ⅲ部 地域の担い手育成の可能性

第9章 地域があって私がいて福祉がある――県社協としてできること
 1 場づくりを学びなおす日々
 2 「用務員」としての私
 3 では社協はどうすればいいのか
 4 地域福祉を考えると

第10章 地域福祉とまちづくりの接点――「無理しない」仕事の作り方
 1 古本屋が就労支援事業を手がけるまで
 2 古本屋から「地域の担い手」へ
 3 どうやって仕事を生み出すのか1:地域自治の一員として
 4 どうやって仕事を生み出すのか2:担い手という視点
 5 無理しない仕事の作り方

第11章 「私」からはじまるコミュニティワーク――自分事として地域にコミットする
 1 参加した社協職員の変容プロセス
 2 コミュニティワークへ
 〔コラム3〕 「無理しない」地域づくりの学校開催実績


おわりに

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620