• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

村山龍平 新聞紙は以て江湖の輿論を載するものなり

村山龍平

「公平中立」な新聞を目指し、様々な紙面改革を行うほか、航空事業や甲子園野球なども展開した「新聞王」の足跡を辿る。

著者 早房 長治
ジャンル 日本史
社会 > メディア
評論・自伝
シリーズ 評論・自伝 > ミネルヴァ日本評伝選
出版年月日 2018年04月10日
ISBN 9784623083299
判型・ページ数 4-6・232ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次
村山龍平(1850~1933)朝日新聞社社主・社長。
政論新聞とは一線を画した『朝日新聞』を創刊し、国民から広く支持される近代的な新聞へと発展させた村山龍平。「公平中立」な新聞を目指し、様々な紙面改革を行うほか、航空事業や甲子園野球なども展開した「新聞王」の足跡を辿る。

[ここがポイント]
◎ 日本における代表的な新聞、『朝日新聞』はどのように生まれたのか。
◎ 元 朝日新聞編集委員が、記者としての体験も踏まえながら描く。
はしがき

第一章 有能な武士から商人へ
 1 武士の子に生まれる
 2 鮮やかな転身

龍平の横顔1 種取り議員

第二章 新しい新聞づくりに挑む
 1 『朝日新聞』の創刊
 2 全国紙を目指す
 3 政府支援を狙う

龍平の横顔2 号外を号外で訂正

第三章 池辺三山時代の『朝日』
 1 先進的な紙面改革
 2 紙面を彩る文芸作品

龍平の横顔3 白蓮事件を報道せよ

第四章 白虹事件に動揺する『朝日』、そして龍平退陣
 1 政府と右翼から攻撃される『朝日』
 2 上野の急逝、復活した龍平と大震災

龍平の横顔4 数寄屋橋は風紀悪し

第五章 国民に愛されたアイデア商法
 1 航空事業に乗り出す
 2 甲子園野球を開催する

龍平の横顔5 自分のことは自分で

第六章 美術愛好家、茶人として
 1 美術と茶道への関心
 2 『國華』を支えた龍平

龍平の横顔6 節制あっての長寿

第七章 晩年の龍平
 1 過去を振り返り、将来を見通す
 2 終焉へ

龍平の横顔7 龍平流の家族主義
龍平の横顔8 故郷への感謝を忘れず

参考文献
あとがき――尊いリベラリズムの伝統
村山龍平年譜
資料 『朝日新聞』の発行部数推移
事項索引
人名索引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第11回「究」セミナー開催のお知らせ

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京】
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台3-6-1
菱和ビルディング2階

アクセスマップ

Tel. 03-3525-8460

Fax. 03-3525-8461