• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

跡見花蹊 女子教育の先駆者

跡見花蹊

学者・教育者として多くの功績を残しただけでなく、絵画や詩文、書法にも長けていたその生涯を、数々の史料・資料も豊富に用いて紹介

著者 泉 雅博
植田 恭代
大塚 博
ジャンル 日本史
教育
出版年月日 2018年03月31日
ISBN 9784623082285
判型・ページ数 4-6・272ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次
次女でありながら跡見家の再興を託され、猿が辻の変・朔平門外の変や天誅組の変など幕末の動乱を目の当たりにし、激動の明治を駆け抜けた跡見花蹊。跡見学園の学祖は学者・教育者としてはもちろん、絵画や詩文、書法にも長けていた。興味深い生涯を送った花蹊だが、一般にはほとんど知られていない。そこで本書は、花蹊記念資料館が所蔵する数々の史料・資料もふんだんに用い、様々な顔を持つ花蹊の激動の生涯を紹介する。

[ここがポイント]
◎ 一般に知られていない跡見花蹊の生涯を、大学生でもわかりやすく紹介。
◎ 花蹊記念資料館が所蔵する様々な史料・資料を掲載。
はじめに

第1章 跡見花蹊の誕生
 1 瀧野と跡見家
 2 木津村と瀧野時代の花蹊
 3 瀧野から花蹊へ

第2章 幕末・維新の動乱のもとで
 1 大坂三郷中之島時代
 2 京師時代
 3 新都東京へ

第3章 教育者花蹊
 1 「跡見学校」開校
 2 花蹊の学校教育
 3 跡見女学校の新時代
 4 さらなる充実をめざして

第4章 生涯と功績と
 1 晩年の慶祝
 2 教育功労者として
 3 花蹊永眠

第5章 花蹊が遺したもの/花蹊を継ぐもの
 1 跡見李子と跡見女学校
 2 学校法人跡見学園

引用・参考文献
跡見花蹊の書画作品
おわりに
跡見家略系譜
跡見花蹊(跡見学園)略年譜
人名・事項索引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第11回「究」セミナー開催のお知らせ

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京】
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台3-6-1
菱和ビルディング2階

アクセスマップ

Tel. 03-3525-8460

Fax. 03-3525-8461