• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

国際平和協力入門 新刊 国際社会への貢献と日本の課題

国際平和協力入門

最新の研究成果と現場からの声も盛り込んだ日本の国際平和協力のこれからを考える必携書。

著者 上杉 勇司 編著
藤重 博美 編著
ジャンル 政治・法律
社会
出版年月日 2018年05月15日
ISBN 9784623081653
判型・ページ数 A5・272ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次
1992年、初めての自衛隊PKO派遣から25年を経過し、日本の国際平和協力は、国際社会への関与のなかで、必須の活動の一つとなっている。現在、ODAとPKOに自衛隊が密接に連携する場面も生まれ、国際平和協力法には「駆けつけ警護」が盛り込まれた。日本の国際平和協力は、何が変わり、何が枠組みのなかで実行可能になったのか。最新の研究成果と現場からの声を盛り込んだ、初学者から専門家まで必携の国際平和協力の概説書。

[ここがポイント]
◎ 国際社会への貢献としての日本の国際平和協力を、その始点から現在まで、丁寧に状況を読み解く。
◎ 立法、制度趣旨への理解を深めるとともに、これまでの主要な活動の事例について、背景と実態を詳解。
◎ 実践者による最前線の現場の実態解説を豊富に掲載。
はしがき
主要関係法令略称一覧
主要欧文略語一覧

序 章 国際平和協力の見取り図
 1 本書の二つの目標と前提
 2 本書の焦点
 3 4象限の見取り図
 4 本書の構成
 Column 1 国際平和協力の人材育成


 第Ⅰ部 国際平和活動の歴史・理論と日本の取り組み

第1章 国際平和活動の歴史と変遷
 1 冷戦期
 2 1990年代の変化:国連PKOから国連平和活動へ
 3 2000年代以降の国連PKO
 4 国際平和活動の今後
 Column 2 NGOによる国際平和協力

第2章 国際平和活動をめぐる概念の展開
 1 国際平和活動の概念史
 2 自由主義の広がりと国際平和活動の拡大
 3 介入主義の深化と国際平和活動の変化
 Column 3 警察による国際平和協力

第3章 日本の国際平和協力政策の起源と展開
 1 冷戦期の日本と国連PKO
 2 湾岸危機・戦争と国連PKOへの人的貢献の始まり
 3 拡大する日本の役割
 4 新しい国際平和協力の模索
 Column 4 PKO以外の国際平和協力業務(選挙監視や物資協力)
 Column 5 JICAによる平和構築支援

第4章 日本の国際平和協力の現状と課題
 1 安全保障政策の再構築と国際平和協力の新機軸
 2 平和安全法制と国際平和協力のあり方の変容
 3 平和安全法制の効果と課題
 4 日本の国際平和協力の今後の方向性
 Column 6 国家安全保障戦略としての国際平和協力
 Column 7 アデン湾での海賊対処


 第Ⅱ部 日本の国際平和協力の事例

第5章 カンボジア:「統合化」に向けた前哨戦
 1 カンボジアをめぐる紛争の背景
 2 国際的背景
 3 日本参加の政治的理由
 4 日本参加の法的根拠
 5 日本の具体的な活動の概要
 6 日本の取り組みの成果と課題
 Column 8 自衛隊の PKO 派遣の他事例
 Column 9 オールジャパン連携

第6章 東ティモール:「統合化」への適応と「積極化」への課題
 1 東ティモールをめぐる紛争の背景
 2 国際的背景
 3 日本参加の政治的理由
 4 日本参加の法的根拠
 5 日本の具体的な活動の概要
 6 日本の取り組みの成果と課題
 Column 10 女性自衛官の PKO参加

第7章 インド洋(アフガニスタン):湾岸戦争の教訓と米国への貢献
 1 アフガニスタンをめぐる対テロ戦争の背景
 2 国際的背景
 3 日本参加の政治的理由
 4 日本参加の法的根拠
 5 日本の具体的な活動の概要
 6 日本の取り組みの成果と課題
 Column 11 アフガニスタンの地方復興チーム(PRT)

第8章 イラク:進んだ「統合化」と迷走した「積極化」
 1 イラク戦争をめぐる背景
 2 国際的背景
 3 日本参加の理由
 4 日本参加の法的根拠
 5 日本の具体的な活動の概要
 6 日本の取り組みの成果と課題
 Column 12 ミンダナオ包括的和平
 Column 13 非国連主導型国際平和活動の事例

第9章 ハイチ:地震災害救援から国連PKOへの切れ目のない支援
 1 ハイチをめぐる紛争の背景と大地震
 2 国際的背景
 3 日本参加の政治的理由
 4 日本参加の法的根拠
 5 日本の具体的な活動の概要
 6 日本の取り組みの成果と課題
 Column 14 フィリピンにおける国際緊急援助活動

第10章 南スーダン:自衛隊に「文民の保護」はできるのか
 1 南スーダンをめぐる紛争の背景
 2 国際的背景
 3 日本参加の政治的理由
 4 日本参加の法的根拠
 5 日本の具体的な活動の概要
 6 日本の取り組みの成果と課題
 Column 15 駐南スーダン日本大使奮戦記
 Column 16 「駆けつけ警護」任務の意味と限界


終 章 日本の国際平和協力の課題と展望
 1 これまでの国際平和協力の実績と課題
 2 岐路に立つ日本の国際平和協力の今後の方向性と課題
 Column 17 映画で学ぶ国際平和協力

巻末資料 国連 PKO一覧(1948-2017年)
あとがき
索  引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第11回「究」セミナー開催のお知らせ

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620