• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

福祉国家を捉えなおす これから出る本 社会保障の可能性と限界

福祉国家を捉えなおす

変わりゆく世界と社会保障――今日の社会福祉はどこへ向かうのか。政策から人材育成まで、幅広く解説。

著者 佐々木 寿美
ジャンル 政治・法律
社会福祉
出版年月日 2018年07月刊行予定
ISBN 9784623082490
判型・ページ数 A5・234ページ
予価 本体2,800円+税
在庫 未刊・予約受付中
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次
福祉国家にたどりついた世界の国々は、その後どのような国家像をめざして改革を進めているのか。また、厳しい財政状況・社会状況の中で、日本の試行錯誤も絶え間なく続いているが、今後どのような方向で進むべきなのか。本書では、世界と日本の福祉システムを解説し、日本の人材育成や福祉実践の仕組みについて検証する。マクロとミクロの視点から、福祉の全体像を把握することを目指す一冊である。

[ここがポイント]
◎ 前半で福祉国家論の概要を解説、世界と日本の状況をスピーディーに把握できる。
◎ 後半で社会福祉士の資格概要を説明し、実際の授業や実習内容も詳細に解説している。
はじめに


 第Ⅰ部 福祉国家の諸相

第1章 ポスト福祉国家の展開
 1 福祉国家の歩み
 2 新しい福祉国家像の模索

第2章 福祉国家研究
 1 福祉国家観との関連
 2 社会保障政策との関連
 3 学会展望

第3章 日本版福祉国家の課題と展望
 1 日本版福祉国家とは何か
 2 福祉のしくみ
 3 分権改革と福祉政策
 4 福祉政策の特徴
 5 現行改革との関連性

第4章 福祉の計画化と地域福祉
 1 日本版地域福祉の特徴
 2 福祉の計画化
 3 老人保健福祉計画
 4 介護保険事業計画
 5 障害者福祉計画
 6 市町村地域福祉計画
 7 地域福祉実践の試み


 第Ⅱ部 福祉領域における人材育成

第5章 資格制度と人材育成
 1 社会福祉士の養成
 2 共通科目
 3 専門科目

第6章 相談援助演習・実習
 1 相談援助演習の学習内容
 2 第1回――対人関係の基礎
 3 第2回――生活支援技術
 4 第3回――支援構築の理解
 5 第4回――実習報告会
 6 相談援助実習ノート
 7 今後の施策


おわりに
参考文献
索引

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第11回「究」セミナー開催のお知らせ

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京】
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台3-6-1
菱和ビルディング2階

アクセスマップ

Tel. 03-3525-8460

Fax. 03-3525-8461