• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

藤原彰子 これから出る本 天下第一の母

藤原彰子

彰子に仕えた紫式部や和泉式部をはじめとする才媛の日記や文学資料を織り交ぜながら、丹念に資料を読み解き彰子の生涯を描く。

著者 朧谷 寿
ジャンル 日本史
評論・自伝
シリーズ 評論・自伝 > ミネルヴァ日本評伝選
出版年月日 2018年05月刊行予定
ISBN 9784623083626
判型・ページ数 4-6・340ページ
予価 本体3,000円+税
在庫 未刊・予約受付中
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次
藤原彰子(988〜1074)女院

紫式部との王朝サロン、摂関政治の栄華、花乱舞。
藤原道長の長女として生まれた藤原彰子。後一条・後朱雀天皇の母として藤原氏の摂関政治を可能にし、藤原摂関家の繁栄に大きく貢献した。二代の国母として政治的にきわめて重要な人物でありながら、女性ゆえに現存する公的な記録は少ない。本書では、彰子に仕えた紫式部や和泉式部をはじめとする才媛の日記や文学資料を織り交ぜながら、丹念に資料を読み解き彰子の生涯を描く。

[ここがポイント]
◎ 藤原彰子に注目した学術的評伝は他にない。
◎ 女性の生涯から平安時代の政治を読み解く試み。
序 章 「望月」の娘

第一章 道長と倫子の女君
 1 彰子の家系と父母
 2 住まいと家族
 3 「ひな鶴」と「藤の花」

第二章 一条天皇の后
 1 中宮への道
 2 内裏の焼亡と造営
 3 中宮の十代の世相

第三章 皇子の誕生
 1 栄華の初花
 2 相つぐ皇子の誕生
 3 第二皇子の立太子

第四章 皇太后時代
 1 皇太后となる
 2 内裏新造

第五章 太皇太后時代
 1 太皇太后となる
 2 欠けゆく望月
  寛ぎのひととき

第六章 女院出家する
 1 彰子の出家
 2 弟妹の死
 3 父の死
 4 道長亡きあと
 5 母后の力
 6 後朱雀天皇時代

第七章 最晩年のことども
 1 後冷泉天皇時代
 2 末法入り
 3 女院の最期

引用文献
あとがき
藤原彰子略年譜
人名・事項索引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第11回「究」セミナー開催のお知らせ

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620