• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

新築がお好きですか? 日本における住宅と政治

新築がお好きですか?

どんな家に住むか、完全に自由な選択ができるのか、積み重ねられてきた政治的決定が選択を縛る。

著者 砂原 庸介
ジャンル 政治・法律
社会
シリーズ 哲学・思想 > 叢書・知を究める 12
出版年月日 2018年07月20日
ISBN 9784623083664
判型・ページ数 4-6・266ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次
家族を持つようになれば住宅を買う、そのような「持家社会」は、日本においてなぜ形成されてきたのか。本書では、新築住宅を購入するという選択が、様々な個別の法律や規範・慣習などに相互補完的に支えられてきたことを明らかにする。経済面だけでなく、政治の側面からの議論を深めることにより立体的にその「制度」に迫る。

[ここがポイント]
◎ なぜ日本人は、持家を、それも新築住宅を購入したがるのか。
◎ 住宅供給の歴史を踏まえ、経済面だけでなく政治との関係から迫る。
序 章 本書の課題
 1 都市政治の争点としての住宅
 2 都市と政治権力
 3 都市政治へのアプローチ

第1章 住宅をめぐる選択
 1 持家住宅か賃貸住宅か
 2 住宅の更新──住宅双六
 3 新築住宅と中古住宅
 4 住宅供給の論理
 5 本章のまとめ

第2章 住宅への公的介入
 1 住宅政策の考え方とその萌芽
 2 政府による住宅の供給──住宅政策の「三本柱」
 3 住宅政策の転換
 4 国際比較の中の日本
 5 本章のまとめ

第3章 広がる都市
 1 なぜ都市に住むのか
 2 都市空間の利用
 3 地方自治体の都市政策
 4 都市政治の対立軸
 5 本章のまとめ

第4章 集合住宅による都市空間の拡大
 1 集合住宅の誕生と普及
 2 分譲マンションという住み方
 3 集合住宅の公共性
 4 分譲マンションの終末期
 5 本章のまとめ

第5章 「負の資産」をどう扱うか
 1 増加する空き家とその弊害
 2 空き家対策の進展と限界
 3 災害による住宅の被害と救済
 4 平時と災害時をつなげる政策
 5 本章のまとめ

終 章 「制度」は変わるか
 1 本書の議論
 2 住宅政策のゆくえ

参考文献
あとがき
索  引

PAGE TOP

  • 創業70周年記念出版『松下幸之助』刊行記念 米倉先生講演会&サイン会
  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京】
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台3-6-1
菱和ビルディング2階

アクセスマップ

Tel. 03-3525-8460

Fax. 03-3525-8461