• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

政治にとって文化とは何か 新刊 国家・民族・市民

政治にとって文化とは何か

市民社会の分断を防ぐための方策とは。 ナショナリズム、多文化主義、マイノリティ… 政治をめぐる理念と現実、その交錯と葛藤。

著者 越智 敏夫
ジャンル 哲学・思想
政治・法律
シリーズ 哲学・思想 > MINERVA 人文・社会科学叢書 229
出版年月日 2018年07月20日
ISBN 9784623082469
判型・ページ数 A5・272ページ
定価 本体6,000円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次
これまで政治文化には、なんらかの「本質」があるかのように語られ、思考方法や行動類型が不変であるかのように見なされてきた。そうした文化本質主義がもたらす政治性はいかにすれば批判、無化できるのか。本書では、まず政治理論は文化をどのように扱うべきかを再検討し、さらに文化を利用する政治のありかたについて論じる。国家や民族という枠がどのように文化を利用しつつ政治を動かそうとしているか。またそれに市民概念は対抗できるのか。その可能性を探る。

[ここがポイント]
◎ 政治に関する理論的考察で文化概念がもつ特異性を検討し、それが現実政治に与える影響について考察した。
◎ 政治における理念と現実の相互関係に関する議論において、文化について議論すること自体に国家による既存の政治統合を正当化する傾向、また民族概念にもとづく集合性を絶対化する傾向が強いことを論じた。
序 章 政治にとって文化とは


 第Ⅰ部 政治の文化 

第1章 政治文化──政治を文化として語ること
 1 日常と政治
 2 人間性研究から政治文化論へ
 3 政治文化論の政治性
 4 政治文化論の目的

第2章 なぜ市民社会は少数者を必要とするのか──出生と移動の再理論化
 1 「市民とは誰か」を決めてきたのは誰か
 2 非市民と国民国家
 3 少数者の自己認識という陥穽
 4 国境を越える人々、越えない人々 
 5 少数者の必然性

第3章 ナショナリズムと自己批判性
 1 リベラル・デモクラシーが利用するもの
 2 ナショナリズムを擁護する理由
 3 リベラル・ナショナリズムとその限界
 4 もう一つの集団的想像力
 5 多声法と自己批判性


 第Ⅱ部 文化の政治 

第4章 「他者」理解の政治学──多文化主義への政治理論的対応
 1 政治統合と「他者」
 2 多文化主義における国家観の問題
 3 集団的アイデンティティの承認
 4 マイノリティ再考
 5 他者理解の組織化へ向けて

第5章 市民文化論の統合的機能──現代政治理論の「自己正当化」について
 1 市民文化とテロリズム
 2 ウォルツァーと市民宗教
 3 コミュニタリアンと政教分離
 4 〈10・7〉と市民社会

第6章 「非常時デモクラシー」の可能性──9・11とアメリカ的なものについて
 1 国家による殺人の正当化 
 2 同時多発テロ以降の暴力連鎖 
 3 「アメリカ的なもの」の罠 
 4 非常事態によるデモクラシー形成は可能か 

第7章 アメリカ国家思想の文化的側面──その政府不信と体制信仰について
 1 自己理解としての体制認識 
 2 民主主義的な体制批判は可能なのか
 3 体制・文化・多元性
 4 政府不信とフィランソロピー 
 5 政府不信と左翼
 6 政治実践としての自己理解

第8章 政治理論における〈有効性〉 ──高畠通敏と戦後日本
 1 戦後日本の民主化と政治理論
 2 丸山眞男『政治の世界』と高畠政治学
 3 政治の主体と研究の主体──「全身政治学者」としての高畠
 4 戦後政治学の倫理性
 5 実 践
 6 日常性と可能性の理論化


終 章 個人の経験と政治の状況──ロベール・ルパージュ〈八八七〉論
 1 “Speak White” 
 2 「自由ケベック万歳!」 
 3 個人の演技、集団の政治
 4 時間と空間
 5 ヒア、此処


主要参考文献
あとがき
事項索引
人名索引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京】
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台3-6-1
菱和ビルディング2階

アクセスマップ

Tel. 03-3525-8460

Fax. 03-3525-8461