• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

エドモンド・モレル 新刊 鉄道御普請最初より

エドモンド・モレル

「近代化の指南役」ともいわれ日本鉄道敷設に多大な影響を与えたエドモンド・モレル。日英の一次史料から知られざる彼の実像に迫る。

著者 林田 治男
ジャンル 日本史
シリーズ 評論・自伝 > ミネルヴァ日本評伝選
出版年月日 2018年08月10日
ISBN 9784623084241
判型・ページ数 4-6・368ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 在庫あり
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次
エドモンド・モレル(1840〜1871)明治初期のお雇い外国人

英国人初代技師長として、鉄道建設を指揮し、日本の近代化を支えた。在職期間20カ月弱という短いなかで果たした功績は高く評価されている。日英の膨大な一次資料から経歴を明らかにし、「三–六機関」(3フィート6インチ)決定の舞台裏も描く。

[副題の由来]
お雇い外国人として日本の鉄道開業に向け初期より指揮をとった、モレルの業績を讃える死亡記事より(『横濱毎日新聞』明治四年九月廿四日号)。道半ばに30歳で早逝し、翌日亡くなった妻ハリエットに向けた遺言とともに、工部省官員による葬送の様子と工事の進捗状況が紹介されている(本書332頁参照)。

[ここがポイント]
◎ 三-六軌間決定における新たな説を提唱する。
◎ 日英の膨大な一次資料にあたり、経歴と人間関係の実像を描く。
はしがき

序 章 モレルとは何者か
 1 語り継がれてきた人
 2 学界の多数説と森田説

第一章 英国時代
 1 誕 生
 2 家 庭
 3 キングス・カレッジにおける学業
 4 結 婚
 5 父方と母方の家族

第二章 技師となる
 1 修行時代
 2 メルボルン
 3 ニュージーランド
 4 土木学会

第三章 鉄道と関わる
 1 ラブアン在勤
 2 ラブアンの環境と総督
 3 南豪州

第四章 日本へ
 1 赴 任
 2 後日譚
 3 軌間決定
 4 来 日

第五章 日本在勤
 1 契約上の地位
 2 鉄道建設
 3 死亡、遺言
 4 日本側史料
 5 死亡記事

第六章 貢献と動機
 1 技量と貢献
 2 技能と赴任の動機

参考史料・文献 
あとがき 
エドモンド・モレル略年譜
巻末史料
人名・事項索引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京】
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台3-6-1
菱和ビルディング2階

アクセスマップ

Tel. 03-3525-8460

Fax. 03-3525-8461