• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

地域自治会の研究 部落会・町内会・自治会の展開過程

地域自治会の研究

地域社会の役割が増大している今、基礎単位となる地域自治会をどう位置づけるか。“社会化・政治化された仕掛け”としての本質を解明

著者 鳥越皓之著  
ジャンル 社会
出版年月日 1994年02月10日
ISBN 9784623023929
判型・ページ数 A5・320ページ
定価 本体4,500円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

町内会や部落会などと呼ばれる地域自治会ほど時代により評価の分かれる組織はない。地域社会の役割が増大している今日、基礎単位となる住民組織である地域自治会をどう位置づけるか——。歴史的な展開過程と行政とのかかわりのなかで、“社会化・政治化された仕掛け”としての本質を明らかにする。 第三回福武直賞受賞。

はしがき
序 章 本書の問題関心
第一章 地域自治会の研究史——成果と課題
 一 地域自治会の一般的特徴
 二 地域自治会の歴史
 三 地域自治会の評価と位置づけ
第二章 地域自治会の成立と展開
 一 行政と地域自治会
 二 四谷自治会の概況
 三 自治会の形成
 四 自治会の展開過程
 五 自治会の成立経緯——まとめ
第三章 明治前期の町内会
 一 揺籃期の自治組織
 二 江戸後期および明治初期の町組
 三 明治前期の福町
 四 福町の町内会運営
第四章 戦前までの地域自治会と地域組織
 一 近代化と生活組織
 二 区の成立
 三 区と組の構造
 四 青年団の歴史と活動
 五 共同作業と共同祈願
 六 信仰的な講
第五章 戦時下の部落会の役割
 一 生産統制の時代
 二 戦時下に至るまでの状況
 三 戦時下の地域社会統制
 四 戦時下の四谷部落会
第六章 部落・町内の境界
 一 部落意識と町内意識
 二 部落・町内を境界で区切る事例
 三 内と外の観念
 四 自治会の根底にあるもの
第七章 地域自治会の組織と機能——生活の歴史を担った自治会
 一 歴史のある自治会——問題関心
 二 佐野市駒場町内会の組織構成
 三 町内会と下位部落会の組織運営
 四 生活組織化
第八章 地域自治会の内部葛藤
 一 一枚岩神話
 二 内部葛藤発生の経緯
 三 二つの組織の対立
 四 住民の意見の決定
第九章 韓国の地域自治会——班常会
 一 日韓比較の視点
 二 班常会の成立と変遷
 三 班常会の特質
 四 班常会の事例
 五 コミュニケーションの場としての班常会
〈資料〉敗戦直後の部落会・町内会
あとがき/人名・事項索引

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620