• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

トヨタ労使マネジメントの輸出 東アジアへの移転過程と課題

トヨタ労使マネジメントの輸出
著者 願興寺ひろ之著
ジャンル 経営
シリーズ 経営 >  MINERVA BUSINESS LIBRARY 11
出版年月日 2005年02月10日
ISBN 9784623042715
判型・ページ数 A5・202ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

日本的労使関係の一つの典型、トヨタ自動車労使関係の、アジアへの移転可能性を、実証的に分析する。日本の労使関係形成にかかわる原資料を精査し、現地での焦点を絞った聞き取りを行っている。これまで公表されていない実態の調査結果に理論的裏付けを行い、移転に向けて取るべき経営とは何かを提言する。

はじめに  1 東アジア研究の意義と課題 1なぜ今「東アジア」なのか 2先行研究の成果 3小括――東アジア研究の新しい視点  2 研究の方法の深化――実務と理論研究の融合 1理論的評価手法の限界 2基礎的条件の解明にむけた研究の深化 3小括――労使関係の本質解明にむけた直接的接近方法  3 日本的労使関係の基本要素 1日本的労使関係の理念と組織運営の考え方 2基礎を成すマネジメントと労働組合の参加 3小括――トヨタ労使関係の構成要素  4 インドネシアへの労使関係移転 1パンチャシラ労使関係と社会意識 2A社における労働争議――貧困と労働運動黎明期の混乱を象徴 3C社における労使関係移転の試み――制度移転はほぼ完了、    定着はこれから 4仕入先展開をも視野に入れたB社の取り組み――A社教訓を    もとに、仕入先ヘの浸透を促す 5小括――インドネシアへの移転の現状  5 タイへの労使関係移転 1タイにおける労使関係の特徴と社会意識 2E社による労使関係移転の取り組み 3小括――タイへの移転の現状  6 中国への労使関係移転 1「工会」を前提とする特異な枠組み 2F社の取り組み――国有企業の風土を払拭 3G社の取り組み――個人の経済的向上志向への適合 4小括――中国への移転の現状  終 労使関係システムの移転にむけた政策 1総括――トヨタ労使関係と東アジア各国への移転の現状 2労使関係システム移転の進め方――日本本社労使の役割と現    地適合に際しての留意点 注記/参考文献/あとがき/人名・事項索引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620