• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

ひとがひとをわかるということ 間主観性と相互主体性

ひとがひとをわかるということ
著者 鯨岡 峻
ジャンル 心理
出版年月日 2006年07月10日
ISBN 9784623046829
判型・ページ数 A5・312ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

子どもと大人の「共に生きる」関係、それはお互いに主体であるもの同士が相手を主体として受け止め合う関係です。相互主体的な関係という視点から乳幼児期の観察事実を詳しく分析し、この観点を活かす方向性を示します。

序 相互主体性の概念に至るまで    私の研究史を振り返る 1.本書執筆の意図/2.私の研究史前史/3.「子ども-養育者」関係への定位と間主観性という概念/4.両義性という概念の登場/5.関係発達論の構築に向けて/6.主体および相互主体性という概念の必要/7.諸概念間の関係図/8.方法論的態度の問題 1 主体という概念を再考する    「主体としての育ち」を考えるために 1.「主体的に」「主体として」ということばの使われ方から見えてくること/2.私が「私は一個の主体である」というときの主体概念/3.主体は世代間関係のなかに立ち現れる/4.主体とは一つの両義性である/5.相互主体性という概念の射程 2 相互主体性の観点から間主観性を考える 1.間主観性の意味でのintersubjectivity/2.共同主観性の意味でのintersubjectivity/3.相互主体性という意味でのintersubjectivity/4.離乳食エピソード再考/5.離乳食エピソードの登場人物が「主体である」とはどういうことか/6.相互主観性の見地から「育てる」という問題を考える/7.間主観性の概念の射程 3 乳幼児期における相互主体的な関係 1.子どもに主体としての二面性が育っていく経緯(理論的概観)/2.1歳前から1歳半にかけての相互主体的な関係/3.1歳半から2歳ころの相互主体的な関係/4.2歳代前半の相互主体的な関係/5.2歳半から3歳過ぎにかけての相互主体的な関係 終 相互主体的に生きることの難しさ 1.保育の場の気になる子どもの一例から/2.軽度発達障碍と診断された子どもの学校生活/3.まとめに代えて 参考文献/私の研究業績リスト/あとがき

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620