• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

バクスターとピューリタニズム 一七世紀イングランドの社会と思想

バクスターとピューリタニズム
著者 今関恒夫著
ジャンル 世界史
シリーズ 世界史 > MINERVA 歴史叢書クロニカ 6
出版年月日 2006年12月20日
ISBN 9784623046539
判型・ページ数 4-6・400ページ
定価 本体4,200円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次
激動と混迷のイングランド17世紀を生き切ったピューリタン牧師リチャード・バクスターが、どのような社会に生活し、何を目指して牧会、著作活動にいそしんだのか、それが教区にいかなる変化を生んだのか。 本書は、それを彼の伝記と著作に即して具体的に展開しようとする。バクスターは、多様な宗教意識をもつ人々の住む教区に「規律」をもたらし、国民教会(「聖なるコモンウェルス」)の「一致」を強く求めた。しかし、教区と教会からはじき出されたのは、「一致」を主張したバクスターであった。 彼は君主制国家や国民教会を拒絶しなかった。その点ではむしろ保守的であった。しかし、社会の上層と下層の人々、君主制国家、国定教会は彼をはねつけた。内乱期には、教派と闘う議会派従軍牧師として、共和制期にはキダーミンスターの教区牧師として、王政復古期には「非国教徒」として生きたバクスターのピューリタニズムとはいったい何だったのだろうか。
はじめに 序 伝統社会の崩壊とエートス  一 ピューリタン運動の概要とその社会的意義 1 ピューリタン主流派と急進派 2 ピューリタン運動の諸相 3 ピューリタニズムと経済 4 ピューリタニズムと社会 5 ピューリタニズムと政治  二 R・バクスターのピューリタニズムと社会 6 R・バクスターとその時代 7 『聖徒の永遠の憩い』(1650年) 8 『聖なるコモンウェルス』論(1659年) 9 『ファミリー・ブック』(1674年)と   『家庭信仰問答』(1683年) 10 『青年への勧告』(1681年) 終 「聖なるコモンウェルス」に向けて 初出一覧 索 引

関連書籍

PAGE TOP

  • 創業70周年記念出版『松下幸之助』刊行記念 米倉先生講演会&サイン会
  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京】
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台3-6-1
菱和ビルディング2階

アクセスマップ

Tel. 03-3525-8460

Fax. 03-3525-8461