• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

概説 日本政治思想史

概説 日本政治思想史
著者 西田 毅 編著
ジャンル テキスト > 政治・法律 > 政治史・政治思想史
政治・法律
出版年月日 2009年01月20日
ISBN 9784623052073
判型・ページ数 A5・416ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

横井小楠から丸山眞男まで、ナショナリズムと近代化をめぐって日本ではいかなる思想的格闘を展開したのか。幕末維新から55年体制崩壊に至る激動の150年間に繰り広げられた、多彩な政治・思想状況を解明する通史。

【ここがポイント!!】
◎ 近現代150年間を見通す、待望の日本政治思想史
◎ 他分野の研究者や、外国人研究者も加わった、多様な執筆陣
◎ 近代化、ナショナリズム、天皇制などにおける、日本政治の連続と非連続を解明する

詳細(PDF)はコチラ

序 章 近現代日本における政治思想の軌跡
 第Ⅰ部 国民国家の形成
第一章 明治維新政権の成立
第二章 国権と民権
第三章 明治二〇年代の国民主義と平民主義
第四章 アジア主義と日清・日露戦争
第五章 正統と異端
 第Ⅱ部 大正期政治思想の諸相
第六章 憲政擁護運動と政党内閣の成立
第七章 大正期知識人と中国ナショナリズムの展開
第八章 「国際協調」時代の地域主義
第九章 大正期国際主義の一断面
 第Ⅲ部 「大日本帝国」の崩壊と「戦後民主主義」
第十章 超国家主義の諸相
第十一章 近代的自我と帝国意識
第十二章 戦争と知識人
第十三章 戦後改革と東京裁判に見る「戦後民主主義」
第十四章 五五年体制の成立と崩壊
あとがき
近現代日本政治思想史年表
人名索引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620