• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

集団人間破壊の時代 平和維持活動の現実と市民の役割

集団人間破壊の時代

いま求められる対策とは。ピューリッツアー賞受賞の注目書

著者 サマンサ・パワー
星野 尚美
ジャンル 世界史
政治・法律
出版年月日 2010年01月17日
ISBN 9784623055883
判型・ページ数 A5・628ページ
定価 本体4,800円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

20世紀に入って以降、国家間の紛争・戦争が多発し、かつ一般市民への迫害・虐殺も史上例を見ない頻度と規模で起こり続けている。これに対して先進各国や国際社会はどのように望み、いかなる対策を取ったのか(あるいは取らなかったのか)。数多き失敗から多くの教訓を学び、新たな集団人間破壊の発生を防止するための方策を示す。ピューリッツアー賞、全米図書批評家協会賞、外交問題評議会賞図書、待望の翻訳。

序文/謝辞/日本語版への序文
 Ⅰ 最も非人間的な犯罪の続発
1 集団人間破壊者
2 名もなき犯罪
3 名前を与えられた犯罪
4 レムキンが創り出した法律
5 致命的敵対者
 Ⅱ 二〇世紀後半に続発した集団人間破壊
6 カンボジア――孤立する「巨人」
7 大声で留保条件を求める
8 イラク――「人道問題と化学兵器使用は別問題」
9 ボスニア――「埋葬の単なる目撃者」
10 ルワンダ――「聞き置くだけ」
11 スレブレニツァ――「打ちのめされる」
12 コソボ乱闘
13 レムキンから法廷への遺産
終 集団人間破壊がない世界を実現するために
訳者解説/参考文献/註/人名・事項索引

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620