• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

はじめて学ぶ パーソナリティ心理学 個性をめぐる冒険

はじめて学ぶ パーソナリティ心理学

「性格に対する考え方」を揺さぶる入門書

著者 小塩真司
ジャンル テキスト > 心理 > 心理学テキスト
心理
出版年月日 2010年04月20日
ISBN 9784623056842
判型・ページ数 A5・246ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

「こころの個人差」は、どのようにとらえることができるのか?
「性格に対する考え方」を揺さぶるパーソナリティ心理学の入門書

世界じゅうの人を比べたとき、まったく同じ「こころ」をもつ人はいない。しかし人はつい、いくつかの「タイプ」に分けようとしてしまう。現在まで盛んに行われてきたパーソナリティ心理学の研究を概観したとき、「人を多面的にとらえて理解する」ことの大切さが見えてくる。

第0章 はじめに
第1章 個人差をどう考えるか
    ――人々の違いを視覚化してみる
第2章 見えないものをどう見るか
    ――構成概念という考え方
第3章 パーソナリティをどうやって測るのか
    ――基本的な考え方
第4章 測定できているかどうかをどう判断するか
    ――信頼性と妥当性
第5章 人をどのように分けるのか
    ――類型論について考える
第6章 どのような物差しを当てるか
    ――特性論の展開
第7章 分けることと測ることは違うのか
    ――類型と特性を理解する
第8章 知性を測ることはできるのか
    ――知能検査の歴史
第9章 あなたは人を分類しているか(1)
    ――血液型性格判断の歴史
第10章 あなたは人を分類しているか(2)
    ――血液型性格判断の是非
第11章 遺伝と環境はパーソナリティにどのようにかかわるのか
    ――双生児の研究から
第12章 赤ちゃんに個人差はあるのか
    ――気質とその発達
第13章 あとがき
人名索引/事項索引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第11回「究」セミナー開催のお知らせ

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京】
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台3-6-1
菱和ビルディング2階

アクセスマップ

Tel. 03-3525-8460

Fax. 03-3525-8461