• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

概説 中国思想史

概説 中国思想史

豊饒な中国思想を縦横に読み解く通史

著者 湯浅 邦弘 編著
ジャンル テキスト > 哲学・思想 > 哲学・思想テキスト
哲学・思想
出版年月日 2010年10月25日
ISBN 9784623058204
判型・ページ数 A5・426ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

三千年の豊饒な思想を縦横に読み解く
春秋戦国時代の諸子百家から訓詁学、朱子学、陽明学をへて清朝考証学まで。日本をはじめ東アジア圏にも大きな影響を与えてきた中国思想を、時代順の通史を縦糸に、多彩なキーテーマを横糸にして描き出す、待望の概説書。

序 章 中国思想史への招待(湯浅邦弘)

 第I部 中国思想の歴史
概説

第1章 春秋戦国・秦代(湯浅邦弘)
 1)諸子百家の時代
 2)儒家と墨家――「顕学」の思想集団
 3)道家――文明批判と本源の追求
 4)思想家群像――陰陽家・名家・兵家
 5)法家と秦帝国――法治体制の提唱
 ▼コラム 世界遺産と諸子百家

第2章 前 漢(有馬卓也)
 1)草創期の模索
 2)儒教国教化
 3)儒教統制下の諸問題
 ▼コラム 崑崙山と西王母

第3章 後 漢(弓巾 和順) 【編集部注 弓+巾で1字】
 1)後漢の復興と儒教
 2)経学の総合化
 3)批判精神の系譜
 4)後漢の衰退と諸思想
 ▼コラム 唐写本『論語鄭氏注』残巻の発見

第4章 魏晋南北朝・隋唐(南澤良彦)
 1)「貴無」と「崇有」――魏晋時代の思想
 2)「玄儒文史」と仏教・道教――東晋・南北朝時代の思想
 3)儒仏道三教の鼎立――隋唐時代の思想
 4)魏晋南北朝・隋唐時代の科学技術と思想
 ▼コラム 南朝陵墓と風水思想

第5章 宋 代(吾妻重二)
 1)近世の始まり
 2)儒教の復興
 3)儒教の発展
 4)仏教と道教の展開――禅宗、玉皇大帝、『悟真篇』
 5)朱子学の成立――朱熹
 6)南宋儒教の展開――思想家列伝
 ▼コラム 冠婚葬祭と東アジア

第6章 元 代(久米裕子)
 1)元朝という多民族国家
 2)許衡による朱子学の復興
 3)呉澄による朱子学と陸学の折衷
 4)許衡と呉澄に対する後世の評価
 ▼コラム 元寇

第7章 明 代(鶴成久章)
 1)明初の経学と性理学――朱子学の官学化
 2)陽明学の成立――「良知心学」の世界
 3)陽明学派の思想家たち――講学活動の隆盛
 4)「三教一致」と明末の諸思想
 ▼コラム 科挙と書院

第8章 清 代(横久保義洋)
 1)清初の社会と思想
 2)考証学の世界
 3)漢宋の対立から調和へ
 4)清末の思想――「漢学」から「国学」へ
 ▼コラム 琉璃廠

第9章 近現代(川尻文彦)
 1)西洋の衝撃
 2)儒教の再解釈と進化
 3)東アジアにおける「知」の連鎖
 4)共和国の希求
 5)新文化運動とマルクス主義の受容
 ▼コラム 梁啓超の私生活

 第Ⅱ部 中国思想の地平

概説

第10章 気の思想(竹田健二)
 1)中国思想史と気
 2)出土資料における宇宙生成論の気
 3)諸子百家による気の思想の受容
 4)気の思想の成立
 ▼コラム 「気」の原義

第11章 道の思想(橋本敬司)
 1)天から道へ
 2)道の思想の開花
 3)老荘の道の活用
 4)易の道の活用
 5)道の思想の可能性
 ▼コラム キリスト教とイスラムの道

第12章 孝の思想(佐野大介)
 1)儒家と孝思想
 2)孝の性質
 3)『孝経』の成立と展開
 ▼コラム 江戸文化と親孝行

第13章 礼の思想(井上 了)
 1)礼の起源と展開
 2)礼と法と
 3)朱子学と礼
 4)近現代における礼

 ▼コラム 三つの礼書

第14章 文字学(福田哲之)
 1)中国思想史研究と文字学
 2)戦国秦漢簡帛文字の書体
 3)隷書の起源と用途
 4)古文と科斗書
 5)古文釈読入門
 ▼コラム 戦国文字の分立と混淆

第15章 新出土文献学(草野友子)
 1)新出土文献の発見
 2)銀雀山漢簡――二人の「孫子」
 3)馬王堆帛書――よみがえる漢初の学術
 4)睡虎地秦簡――秦の法治の実態
 5)郭店楚簡・上博楚簡――戦国楚簡と中国古代思想史
 ▼コラム 楚の在地性文献

第16章 目録学(金城未来)
 1)目録学の萌芽――『別録』・『七略』・『漢書』芸文志
 2)目録学の発展――四部分類と『隋書』経籍志
 3)目録学の集大成――『四庫全書総目提要』の編纂
 ▼コラム 失われた書物のゆくえ

第17章 史学思想(黒田秀教)
 1)鑑と大義と
 2)通史と断代史と
 3)義と事と
 4)史学と経学と
 ▼コラム 正しい歴史

第18章 民間信仰(二階堂善弘)
 1)道教・仏教と民間信仰
 2)漢から唐までの民間信仰――『風俗通』『太平広記』を中心に
 3)宋代以降の発展――『三教捜神大全』と神々の世界 
 4)『封神演義』と『西遊記』の影響
 5)現代に生きる信仰
▼コラム 日本の寺院に残る中国の神々


第19章 軍事思想(福田一也)
 1)古代中国における軍事
 2)『孫子』の軍事思想
 3)古代兵書と諸子の軍事観
 4)「武経七書」の成立と兵書の総合化
 ▼コラム 呪術の兵法

第20章 日本漢学(池田光子)
 1)江戸時代と朱子学
 2)学問の担い手たち――江戸・京都・大坂を中心に
 3)新しい時代の幕開け――学問の転換期
 ▼コラム 日本の孔子廟

あとがき
中国思想史年表
人名索引
事項索引
文献・史料名索引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620