• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

俾弥呼(ひみか) 鬼道に事え、見る有る者少なし

俾弥呼(ひみか)

いま現れる、倭国女王の姿……「邪馬壹国」はここで決まり。

著者 古田 武彦
ジャンル 日本史
評論・自伝
シリーズ 評論・自伝 > ミネルヴァ日本評伝選
出版年月日 2011年09月10日
ISBN 9784623061488
判型・ページ数 4-6・448ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

「魏志倭人伝」などの中国の史書に記され、「親魏倭王」と呼ばれた邪馬壹国の女王・俾弥呼は、いかなる人物だったのか。本書では、関係史料を徹底的に読み込むことで、その実像を描き尽す。

[ここがポイント]
・「魏志倭人伝」など、関係史料を徹底的に読み込むことで、その実像を描き出す
・俾弥呼の実像に迫り、「邪馬台国論争」に終止符を打つ注目の評伝
・俾弥呼と邪馬壹国をライフワークとしてきた著者による集大成

※本書での「卑弥呼」の読み方は「ヒミカ」

はじめに

序 章 俾弥呼の実像とは

 第Ⅰ部 倭人伝に描かれた古代

第一章 研究史の回顧
 1 「邪馬台国」研究の開始
 2 明治以降の研究
 3 上代特殊仮名遣の圧力
 4 邪馬壹国への出発

第二章 邪馬台国より邪馬壹国へ
 1 その国名
 2 女王の名
 3 「邪馬台国」の源流

第三章 女王国への道
 1 里程列伝
 2 倭人伝解読の三命題
 3 一大国と対海国の証明
 4 任那と文字伝来の真相
 5 戦中遣使の真実性
 6 「松浦水軍」の秘密
 7 「会稽東治」の重大性
 8 漢字と日本列島の絆

第四章 邪馬壹国の真相
 1 「三十国」の訓み方
 2 邪馬壹国表記の真実
 3 「三十国」の探究
 4 「郡支国」の解決

第五章 倭人伝の「官職」
 1 対海国・一大国と投馬国
 2 女王国の官職
 3 「一大率」の真義
 4 「狗奴国」の論証

第六章 裸国・黒歯国への道
 1 新たな「里程記事」
 2 裸国と黒歯国への到達
 3 青木洋氏との邂逅
 4 「火山爆発」と反論
 5 バルディビアと日本
 6 「倭語地名」の分布
 7 黒歯国への訪問
 8 日本語の沃野
 9 エクアドルの新世界

第七章 「三国志序文」の発見
 1 三国志の原点
 2 序文の「歪み」と実体
 3 「三国志序文」の深相

 第Ⅱ部 新たなる古代日本

第八章 邪馬壹国研究の新たな世界
 1 「闕」と「臺」の落差
 2 「十日」と「二十日」の同一
 3 「倭人」の淵源
 4 「日出ずる処」の論証力
 5 歴史の革命――「被差別部落」の本質

第九章 女王の知られざる生涯
 1 倭人伝と筑後国風土記
 2 『東日流〔内外〕三郡誌』のヒミカ
 3 俾弥呼の墓
 4 「冢」と「廟」
 5 誤差論とき鳳鏡

第十章 倭人伝の空白
 1 「三十国」と「百余国」との間
 2 崇神天皇の「創建」
 3 削偽定実
 4 俾弥呼と孔子の断絶

第十一章 「万世一系」論の真相
 1 陳寿の誤認
 2 古事記の誤認
 3 「武烈悪逆」の歴史的意義

第十二章 学問の方法
 1 「村岡命題」の提示
 2 日本古典とバイブル批判

巻末資料
関連著作
おわりに
俾弥呼年譜
人名・事項・地名索引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第10回「究」セミナー開催のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620