• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

境界域からみる西洋世界 文化的ボーダーランドとマージナリティ

境界域からみる西洋世界

地理的な空間を超え、様々な要素が混じり合う「文化的ボーダーランド」から読みとく西洋史像。

著者 田中 きく代 編著
中井 義明 編著
朝治 啓三 編著
高橋 秀寿 編著
ジャンル 世界史
シリーズ 世界史 > MINERVA 西洋史ライブラリー 93
出版年月日 2012年03月10日
ISBN 9784623061228
判型・ページ数 A5・348ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

歴史上の境界は、単なる「線」ではなく、調停や融和を醸成する要因を含む「空間」である——。
地理的な空間を超え、様々な人、言語、文化、経済などが混じり合う「文化的ボーダーランド(境界域)」。本書は、古代から現代にいたる西洋世界の歴史のなかで、新たな文化の起点となってきたボーダーランドを取り上げ、歴史研究への複層的アプローチを試みる。

序 文化的ボーダーランドとマージナリティ
 Ⅰ 辺境としての境界域
一 海軍工廠都市ロシュフォールの誕生
二 英国コーンウォールにおける海難の近代史
三 サンフランシスコのヴィジランティズム
 Ⅱ 内なる辺境としての境界域
四 ドイツ第二帝政下のポーゼン
五 中世末期ロンドンの娼婦たち
六 一七世紀パリにおける宗教と政治
 Ⅲ 文明・帝国・民族の交差点としての境界都市
七 東西世界のはざまとしてのミレトス
八 中世英仏関係にみる境界都市ボルドー
九 クラクフにおける民族の再生と新興市民層の形成
 Ⅳ 表象される境界域
十 冷戦の境界ベルリンの空間形成
十一 アテナイ市民の自覚と美術表現
十二 一七世紀アムステルダムにおける古代の再生
十三 エリー運河全通祭と一九世紀の政治文化
あとがき
人名・事項索引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620