• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

発達と障害を考える本

 
  シリーズの特徴  
わかりにくい発達障害を中心に、「目に見えにくい障害を理解するための最初の1歩」を 目的に作られています。
よくある事例をイラストやマンガで紹介しているので、楽しく読んで、自然に理解が進 みます。
ふりがなつきで小学生から読め、大人にも読みやすく、親子で、先生と生徒で、一緒に 読みながらみんなで考えることができる本です。
現場で長年支援を続けている先生方の、障害のある子どもたちに向けた温かいまなざ しが生きています。

【シリーズ推薦の言葉】 川崎医療福祉大学特任教授  佐々木 正美 先生
発達障害を始め、さまざまな心身障害のある子どもたちを支援し共生しようとする専門家たちによる本が、シリーズで刊行されます。その最初の試みである、自閉症やアスペルガー症候群に関するものを見て、その新しいセンスにあふれた内容に心を打たれました。問題の本質を、これまでに蓄積されてきた内外の研究と著者の皆さんの豊かな臨床経験に基づいて、入念に吟味したうえで、関心をもち必要としている人々にならだれにでも、その内容を広く正確にやさしく伝えようとする熱意が、同じような仕事に長く携わってきた私には、ひしひしと伝わってきます。
本来、決して安易ではない問題や内容を、視覚的な絵による工夫を凝らすことによって、簡潔な記述でも十分に理解できるように解説しようとする意図と努力に、その誠意が実感されます。障害のある子どもや人々とともに生きることを目指している職業者や家族にとっては、さらに深い理解をもたらすものでしょうが、これからこういう世界に入ろうとしている若者や学生にとっても、やさしい入門の書として機能してくれる本のシリーズだと思います。拍手をもって推薦いたします。
監修者紹介 内山登紀夫
1956年三重県生まれ。順天堂大学医学部卒業。
精神科医。専門は児童精神医学。順天堂大学精神科、東京都立梅ヶ丘病院を経て、現在よこはま発達クリニック院長及び大妻女子大学人間関係学部教授。

書 名 配本日
1.自閉症のおともだち 2006年3月
2.アスペルガー症候群[高機能自閉症]のおともだち 2006年3月

3.LD (学習障害) のおともだち

2006年5月
4.ADHD (注意欠陥多動性障害) のおともだち 2006年6月
5.ダウン症のおともだち 2007年2月
6.知的障害のおともだち 2007年2月
7.身体障害のおともだち 2007年4月
8.言語障害のおともだち 2007年4月
9.聴覚障害のおともだち 2008年2月
10.視覚障害のおともだち 2008年2月
11.てんかんのおともだち 2008年4月
12.発達って、障害ってなんだろう? 2008年4月

パンフレットもご用意しております。
ご希望の場合は、弊社営業部までお知らせください。
ミネルヴァ書房 営業部
住所 〒607-8494京都市山科区日ノ岡堤谷町1
TEL 075-581-0296
FAX 075- 581-0589
営業時間 9:00~17:30(土・日・祭日を除く)
E-mail eigyo@minervashobo.co.jp
   

関連書籍

PAGE TOP