• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

ヴァイマル共和国のヨーロッパ統合構想 中欧から拡大する道

ヴァイマル共和国のヨーロッパ統合構想

外交政策を含めた政治史の観点から、いかなる共同体を具現化しようとしたのかを実証する。

著者 北村 厚
ジャンル 世界史
政治・法律
シリーズ 世界史 > MINERVA 西洋史ライブラリー
出版年月日 2014年04月30日
ISBN 9784623070503
判型・ページ数 A5・368ページ
定価 本体6,000円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

*2014年度日本ドイツ学会奨励賞受賞

ヨーロッパという地域枠組みに新しい価値を置く地域主義の形である、ヨーロッパ統合構想。ドイツ、ヴァイマル共和国では、どのような発展を遂げたのか。本書は、中欧から拡がって行く地域統合の流れを、政治史の立場から精緻に実証する試みである。

[ここがポイント]
・欧州地域統合思想の新しい形を実証
・政治史、思想史からの包括的研究

はしがき
序 章 ヴァイマル共和国と地域統合
 1 ヨーロッパの中のヴァイマル共和国
 2 ヨーロッパ統合か中欧か研究史の整理
 3 本書の視角と構成

 第Ⅰ部 地域統合の理念
第1章 ヨーロッパ統合思想の登場
 1 ヨーロッパ統合思想の背景
 2 「パン・ヨーロッパ」の思想と運動
 3 ヨーロッパ志向の地域統合
 4 中欧志向の地域統合

第2章 ドイツの「ヨーロッパ協同体」理念
 1 ヴィルヘルム・ハイレのヨーロッパ統合論
 2 「ヨーロッパ協調」運動の展開
 3 「ヨーロッパ協調」運動対「パン・ヨーロッパ」運動
 4 ヨーロッパ協同体委員会の成立
 5 「ヨーロッパ協同体」理念

 第Ⅱ部 地域統合の外交政策
第3章 ヨーロッパ志向の外交政策
 1 ドイツ通商条約政策とヨーロッパ関税同盟構想
 2 国際カルテル論の登場
 3 国際カルテル論をめぐる英仏対立とドイツ
 4 世界経済会議における論争自由貿易か国際カルテルか

第4章 中欧志向の外交政策
 1 アンシュルスの思想
 2 独墺「同一化」政策
 3 リードルの「最恵国待遇の例外」論
 4 独墺通商条約交渉

 第Ⅲ部 独墺関税同盟計画
第5章 ブリアンの「ヨーロッパ連邦」計画
 1 ブリアン「ヨーロッパ連邦」計画の登場
 2 ヨーロッパ統合運動の反応
 3 ドイツ政府の反応

第6章 独墺関税同盟計画に至る諸構想
 1 独墺作業共同体の独墺関税同盟構想
 2 ウィーン商業会議所のヨーロッパ経済連合構想
 3 1930年2月の独墺首脳会談

第7章 中欧からヨーロッパへの展望
 1 独墺関税同盟計画の経済的展望
 2 ヨーロッパ特恵関税体制の構想
 3 ドイツ経済界の中欧経済圏構想
 4 中欧経済会議の構想

第8章 独墺関税同盟計画の挫折
 1 ウィーン議定書の締結
 2 独墺関税同盟計画をめぐる国際的論争
 3 独墺関税同盟計画の挫折

結 論 ヨーロッパへの迂回する道

あとがき
文献目録
人名・事項索引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第10回「究」セミナー開催のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620