• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

子どもの貧困/不利/困難を考えるⅡ 社会的支援をめぐる政策的アプローチ

子どもの貧困/不利/困難を考えるⅡ

先鋭的に深刻化しているグループに注目。今後の社会的支援のあり方を具体的に提示する。

著者 埋橋 孝文 編著
大塩 まゆみ 編著
居神 浩 編著
ジャンル 経営 > 社会政策
教育
社会福祉
社会
出版年月日 2015年08月10日
ISBN 9784623074068
判型・ページ数 A5・280ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

特別な人々の問題ではなく、社会全体が貧困を生まないために――
児童養護施設の子ども、母子家庭の子どもと母親、自立に困難を抱える若者の「貧困/不利/困難」を浮かびあがらせ、回復するための支援のあり方を具体的に提示する。

 

[ここがポイント]
◎ 子どもの貧困対策を考えるうえで必読書。
◎ 先鋭的に深刻化しているグループに注目。

刊行にあたって

序 章 先鋭的に深刻化しているグループに注目(埋橋孝文)
 1 社会的支援のあり方をめぐる政策的アプローチ
 2 自己肯定感の考察
 3 「親の貧困」への注目
 4 社会的支援のあり方

 第一部 児童養護施設の子ども
概 説(埋橋孝文)
第1章 児童養護施設の子どもと自立支援(田中弘美)
 1 児童養護施設の現状
 2 児童養護施設退所者の生活
 3 児童養護施設に期待される「自立支援」機能
 4 児童養護施設における自立支援
 5 アフターケアの体系化・社会化にむけて

第2章 児童養護施設退所者の不利、困難、貧困を克服する手立て(宮田暢子)
 1 退所後の生活も視野に入れて
 2 インタビュー調査結果
 3 不利、困難、貧困を克服するための3つの鍵

第3章 児童養護施設退所者の自己肯定感向上の契機(小田川華子)
 1 自己肯定感への視座
 2 インタビュー対象者
 3 退所前の自己肯定感の向上
 4 退所後の自己肯定感の向上
 5 施設処遇への示唆
 6 退所者の生き方哲学
 7 “ホーム”の必要性

 第二部 母子家庭の母親と子ども
概 説(大塩まゆみ)
第4章 母子家庭の母親の就労の現状と課題(大塩まゆみ)
 1 母子家庭の貧困
 2 母子家庭への社会的支援策と就労
 3 母子家庭の母親の就業支援策
 4 母子家庭の母親の就労支援への提言
 コラム1 ライフプラン設計(大塩まゆみ)

第5章 母子世帯の貧困と支援施策(桜井啓太)
 1 母子世帯への貧困対策の方向性
 2 母子世帯の収入モデル
 3 母子世帯の就労目標と日本の現状
 4 母子世帯への支援策再考――何が自立支援なのか

第6章 母子家庭の母が描く子育てと子どもの姿(田中聡子)
 1 母子家庭の現状と子育ての課題
 2 母子家庭の母親が望む子どもの未来
 3 不利/困難を克服する子育て支援
 コラム2 京都府母子寡婦福祉連合会の挑戦――「こどもの居場所づくり事業」(田中聡子)

第7章 母子生活支援施設利用による母親たちの自己肯定感の変容(堺 恵0
 1 調査対象者と調査方法
 2 母親たちの属性
 3 母親たちの自己肯定感
 4 施設入所前の母親たちの自己肯定感
 5 施設入所による自己肯定感の変容
 6 母親たちの自己肯定感の変容をもたらした母子生活支援施設の機能
 コラム3 母子家庭の母親の正規雇用での就労と子どものコンピテンシー(大塩まゆみ)

 第三部 不利と困難を抱えた若者
概 説(居神 浩)
第8章 大学から仕事への移行期にある若者たちの経済的困難(室住眞麻子)
 1 「大衆高等教育」時代の大学生と教育費負担
 2 家計(親)の視点による大学の教育費負担
 3 大学授業料を負担する学生たち
 4 学生負担が学生生活に及ぼす影響と卒業後の経済的困難

第9章 若者の就労自立支援におけるプロセス評価とアウトリーチの必要性(居神 浩)
 1 自立支援機関における相談援助の本質 ――「プロセス」の重要性
 2 教育現場への「アウトリーチ」の必要性
 3 「サードプレイス」の創出
 4 自立支援のためのトータル・アプローチへむけて

第10章 地域若者サポートステーションにおける相談援助(松山 廉)
 1 地域若者サポートステーション事業の紹介
 2 京都若者サポートステーションの実態
 3 京都若者サポートステーションの支援
 4 支援のポイント
 5 今後の若者サポートステーション事業の展開

第11章 日本と海外の若者支援の取組み
 1 日本の若者政策・活動の動向とユースワーク(水野篤夫)
 2 イギリス――ユースワーク的個別支援と関係づくり(岸田祐子)
 3 フィンランド――困難を抱える若者につながる支援とは(横江美佐子)
 4 ドイツ――体験の編み直しを支える移行期支援(竹田明子)

終 章 貧困/不利/困難に対する社会的支援(埋橋孝文・大塩まゆみ・居神 浩)

あとがき(埋橋孝文)
索 引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第9回「究」セミナー開催のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620