• 哲学・思想
  • 政治・法律
  • 心理
  • 世界史
  • 経済
  • 教育
  • 日本史
  • 経営
  • 保育
  • 社会福祉
  • 社会
  • 評論・自伝
  • 自然科学
  • 児童書
  • 文学・言語
  • 資格・実用

有機農業がひらく可能性 アジア・アメリカ・ヨーロッパ

有機農業がひらく可能性

国別・地域別に歴史、技術や制度、政策を取り上げ、世界の「有機農業のいま」を見つめる。

著者 中島 紀一
大山 利男
石井 圭一
金 氣興
ジャンル 社会
社会 > 環境
シリーズ 社会 > シリーズ・いま日本の「農」を問う 3
出版年月日 2015年10月30日
ISBN 9784623073016
判型・ページ数 4-6・290ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
ショッピングカートに入れる
書評投稿はこちら
この本に関するお問い合わせ、感想
  • 内容説明
  • 目次

世界の「有機農業」はいま、いかなる現状にあるのだろうか。本書は日本、アメリカ、フランスを中心としたヨーロッパ、韓国・タイ・ベトナムといったアジア諸国を取り上げ、有機農業の基本的な理念と、各国での歴史的過程、農業技術や制度、振興政策等を論じるとともに、有機農業がひらく可能性を展望する。

 

◎有機農業の世界各国における現状と課題を専門家がデータを駆使し、丹念に読み解く。
◎各国の事例を提示することで、問題点を浮き彫りにし、
あらたな可能性を展望する。

刊行にあたって

第1章 日本の有機農業——農と土の復権へ(中島紀一)
 1 希望としての有機農業
 2 日本の有機農業の歩み
 3 日本の有機農業の現在
 4 有機農業の技術とその世界
 5 有機農業への期待

第2章 アメリカの有機農業——「オーガニック」を超えて「ローカル」へ(大山利男)
 1 社会運動としての有機農業の展開
 2 有機認証の必要と必然性
 3 アメリカの有機農業の展開状況
 4 連邦政府の有機農業支援
 5 有機農業の近未来

第3章 ヨーロッパの有機農業——発展途上のフランスを中心に(石井圭一)
 1 有機農家の素顔から
 2 ヨーロッパにみる有機市場の拡大
 3 有機農業が広がる局面から
 4 フランス有機農業運動の潮流と制度構築
 5 官民あげての有機農業振興

第4章 アジアの有機農業——韓国とタイ・ベトナムの事例から(金 氣興)
 1 韓国の有機農業
 2 タイの有機農業
 3 ベトナムの有機農業

索  引

関連書籍

PAGE TOP

  • テキスト採用をお考えの方へ
  • 補助教材
  • 書店様へ
  • おすすめ児童書
  • 今週のおすすめ
  • 究 定期購読
  • 発達 購読のご案内
  • 第10回「究」セミナー開催のご案内

お知らせ

RSS
もっと見る
  • 新刊一覧
  • シリーズ一覧
  • 近刊一覧
  • 重版一覧
  • 受賞一覧
  • カートを見る

会社概要

株式会社 ミネルヴァ書房

- 学術図書出版 -

【本社】
京都市山科区日ノ岡堤谷町1

アクセスマップ

(代表) Tel. 075-581-5191
  Fax.075-581-8379
(営業) Tel. 075-581-0296
  Fax.075-581-0589

【東京支社】
東京都千代田区神田小川町2-4-17
大宮第1ビル6階

アクセスマップ

Tel. 03-3296-1615

Fax. 03-3296-1620